メンタル心理ミュージックアドバイザーになるには

音楽とメンタルケアの関係を学ぼう

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」という資格をご存知でしょうか。一般的な認知はまだまだかもしれませんが、音楽や心理学関係の方の間では有名です。”音楽資格口コミランキング”では何と第一位に輝きました。この資格は「日本メディカル心理セラピー協会」から発行されています。有名な「カラーセラピー」も、同じ協会のものです。

 

名前の通り、心理セラピーに音楽を取り入れる、という表現が一番分かりやすいかと思われます。各々が抱えた心理的な問題を見つけ、それを楽にするために音楽の癒し効果を最大限に引き出し、ストレス発散や精神の安定につなげるメンタルケアの手法です。

 

資格を取得するためには

ランキングで上位に食い込む「メンタル心理ミュージックアドバイザー」ですが、取得するためにはどのような方法があるのか見てみましょう。同じく人気のカラーセラピーの資格を発行している「日本メディカル心理セラピー協会」、ここが認定試験を行っております。試験についてもカラーセラピーと全く同じく、受験資格は特に無しで在宅でインターネットから受験できる試験です。

 

気軽な試験だと思われるかもしれませんが、”心理”と”音楽の癒しの力”について同時に学ばなければいけないので、出題範囲は多岐に渡ります。独学では大変難しいと思われますので、通信講座などの利用をお勧めします。

 

学んだ技術を実際に生かしてみよう

さて、無事に「メンタル心理ミュージックアドバイザー」を取得した後は、実際にその技術を生かしてみましょう。職業としましては、カルチャースクールでの講師活動や自宅開業をして、音楽を取り入れた心理セラピーを行うという道があります。また、既に医療や福祉の分野で仕事に就いている場合は、その知識を取り入れて仕事内容を更に充実させています。

 

直接仕事に結びつかなくても、自分自身の生活に取り入れてみるのはいかがでしょう。心理的に不安定な時などは、音楽を選び、自分自身でメンタルケアをする事も出来ます。

 

まとめ

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」は、特に女性や主婦に人気のランキングで上位に来るようです。心理セラピーと音楽セラピーは、ただでさえ女性や主婦から人気があるので、それが一緒になった資格となると、気になる人は多いでしょう。現在の仕事にも生かせるし、独立開業も出来る。自分自身の生活にも取り入れる事が出来る。とても将来の幅が広がる資格ではないでしょうか。

 

また、現在は普通の会社員として働いている方も、職場での人間関係の解決するためにあなたの知識が役立つ時が来るかもしれません。通信教育でしっかり学べば、資格取得への道のハードルは決して高くないはずです。今すぐ、あなたも始めてみませんか。

関連ページ

ストレスカウンセラー資格を取るには
ストレスカウンセラー資格は学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。試験は在宅試験の形式が採用されており、受験生は自宅で試験を実施して、解答用紙を日本メディカル心理セラピー協会に郵送するしくみです。
メンタル心理ヘルスカウンセラーになるには
職場や学校などで日々過重なストレスにされされ、それが原因となって自律神経失調症や不眠、うつといった症状に悩まされる人が増えています。適切に心をケアすることの必要性が以前にも増して叫ばれるようになり、メンタルヘルス対策のエキスパートが求められるようになってきています。
カラーセラピー資格を取るには
カラーセラピーを取得することは心理セラピーやメンタルケアにも役立ちます。選んだ色によって心の状態や癒やし方を分析するからです。
アロマセラピストになるには
アロマセラピストは、アロマオイルの種類やアロマトリートメントといったアロマに関しての一通りの知識を持ち合わせ、それらの応用スキルやメンタルケアを行う知識や技術を持つと認められた人に与えられる資格です。