アロマセラピストになるには

アロマの知識と応用スキルが必要

アロマセラピストは、アロマオイルの種類やアロマトリートメントといったアロマに関しての一通りの知識を持ち合わせ、それらの応用スキルやメンタルケアを行う知識や技術を持つと認められた人に与えられる資格です。

 

一般的なアロマについての知識だけでなく、種類や効果をもとに芳香剤やアロマバスなどへの応用方法や、アロマを用いたスキンケア、アロマトリーメントやアロママッサージ、アロマオイルのブレンド方法やハーブとの組み合わせなど、多岐にわたるスキルが求められます。アロマを利用したセラピーは、カラーセラピーとともに、心理セラピーの重要な一種になります。

 

忙しい人にも嬉しい在宅受験

アロマセラピストの認定試験は、在宅受験が可能となっています。自宅にいながら試験を受けられることから、子育てや介護などで外出が難しい女性にも人気となっています。資格ランキングサイト等で試験日程などが掲載されています。

 

合格基準は「70パーセント以上の評価」と定められており、問題内容の主なものとしては、アロマオイルの種類や効能、アロマを芳香剤やアロマバスにするための方法など、アロマ全般に関する幅広い知識や理解、応用方法が求められています。認定試験に向けての勉強は、専門の資格講座を受けるほうが、やはり独学より効率が良い方法となっています。

 

ランキングでも人気の資格の一つ

アロマセラピストが、カラーセラピー等の心理セラピーと共に資格ランキングで人気となっているのは、資格取得後に、メンタルケア以外の方法でも知識を役立て、スキルを実践できる場が多くあるという点にあります。アロママッサージを行っているサロンや雑貨ショップ、デパートのアロマコーナーでの接客など、女性に人気がある職場において、アロマセラピストの資格を生かすことが可能となります。

 

カラーセラピーとの組み合わせの相性も良く、双方の利点を取り入れつつ行う心理セラピーにも役立ちます。

 

まとめ

アロマセラピストを目指す過程で、アロマにさらに詳しくなることで、自宅で自在にアロマを活用することができることから、セルフのメンタルケアを行うことも可能となります。人を癒すためには、自分自身のメンタルも、より良い状態に保っておくことが大事ですので、アロマを日常生活に取り入れて、心の安定と向上を図ることが求められます。

 

アロマはヒーリング効果やリラックス効果、催眠効果といった複合的な効果が期待できる方法ですので、日常生活のさまざまなシーンに応じて最適な応用の仕方で利用することができ、心地よいセラピーの方法となります。

関連ページ

ストレスカウンセラー資格を取るには
ストレスカウンセラー資格は学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。試験は在宅試験の形式が採用されており、受験生は自宅で試験を実施して、解答用紙を日本メディカル心理セラピー協会に郵送するしくみです。
メンタル心理ヘルスカウンセラーになるには
職場や学校などで日々過重なストレスにされされ、それが原因となって自律神経失調症や不眠、うつといった症状に悩まされる人が増えています。適切に心をケアすることの必要性が以前にも増して叫ばれるようになり、メンタルヘルス対策のエキスパートが求められるようになってきています。
カラーセラピー資格を取るには
カラーセラピーを取得することは心理セラピーやメンタルケアにも役立ちます。選んだ色によって心の状態や癒やし方を分析するからです。
メンタル心理ミュージックアドバイザーになるには
「メンタル心理ミュージックアドバイザー」という資格をご存知でしょうか。一般的な認知はまだまだかもしれませんが、音楽や心理学関係の方の間では有名です。”音楽資格口コミランキング”では何と第一位に輝きました。