カラーセラピー資格を取るには

カラーセラピーを取得する方法や必要性

カラーセラピーを取得することは心理セラピーやメンタルケアにも役立ちます。選んだ色によって心の状態や癒やし方を分析するからです。

 

資格を取得するために通信講座、通学講座、スクール、個人教室などを利用する方法があります。国家試験などの難しい試験はなく、取得していなくてもカラーセラピストとして活動することはできます。しかし、専門的なことを学び、知識を深めたり広げたりすることは自分の自信にもつながります。カラーセラピストは他人にアドバイスするお仕事ですので、専門知識がある方が有利です。

 

カラーセラピーを学ぶこと

カラーセラピーや心理セラピーでの色についての専門的な知識や技術を身につけることで、相談者の信頼を得ることができます。将来、カラーセラピーや心理セラピーのお仕事をするなら、必ず取得しておきたい資格です。

 

取得するには日本メディカル心理セラピー協会が行っている、カラーセラピー認定試験に合格する必要があります。2017年現在での受験料は10000円で、受験は会場で行うのではなく自宅でできます。受託での受験なら独学でも学べそうに思いますが、受験に必要な勉強をするためのテキストや参考書を購入することを考えるとスクールや通信講座などで学ぶ方が良いです。

 

ランキングで上位の人気

カラーセラピーはメンタルケアとして相談者の役立つだけではなく、自分や身近な人のメンタルケアとしても役立てることができます。将来的にもセラピストや講師として働くことができる資格なので、ランキング上位に入っています。ランキング上位の理由は将来性もあるのですが、受講日数の短さや費用があまり掛からないこともあります。

 

カラーセラピストとして活躍するために受講が一日で良いスクールや講座もあります。費用はスクールや講座によって違いますが、だいたい20000円から30000円ぐらいで受講できます。

 

まとめ

カラーセラピーは人気が上昇中の資格になります。受講手段が通信講座なら、いくつかの講座の資料を請求した上で決めることが重要です。スクールや講座を受けに行く場合は、自分のライフスタイルに合わせた日時や場所で開講しているかの確認が重要です。費用や内容の確認は必ずする必要があります。カラーセラピーの資格を取得したあとも、勉強会を行うことでより深く広く知識を高めることが可能な講座もあります。

 

自分のライフスタイルやペースに合ったスクールや通信講座を選ぶことで、無理なく取得することができます。そのためにも資料請求や電話での問い合わせは必須です。

関連ページ

ストレスカウンセラー資格を取るには
ストレスカウンセラー資格は学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。試験は在宅試験の形式が採用されており、受験生は自宅で試験を実施して、解答用紙を日本メディカル心理セラピー協会に郵送するしくみです。
メンタル心理ヘルスカウンセラーになるには
職場や学校などで日々過重なストレスにされされ、それが原因となって自律神経失調症や不眠、うつといった症状に悩まされる人が増えています。適切に心をケアすることの必要性が以前にも増して叫ばれるようになり、メンタルヘルス対策のエキスパートが求められるようになってきています。
アロマセラピストになるには
アロマセラピストは、アロマオイルの種類やアロマトリートメントといったアロマに関しての一通りの知識を持ち合わせ、それらの応用スキルやメンタルケアを行う知識や技術を持つと認められた人に与えられる資格です。
メンタル心理ミュージックアドバイザーになるには
「メンタル心理ミュージックアドバイザー」という資格をご存知でしょうか。一般的な認知はまだまだかもしれませんが、音楽や心理学関係の方の間では有名です。”音楽資格口コミランキング”では何と第一位に輝きました。