メンタル心理ヘルスカウンセラーになるには

必要性が高まるカウンセラーやセラピスト

職場や学校などで日々過重なストレスにされされ、それが原因となって自律神経失調症や不眠、うつといった症状に悩まされる人が増えています。適切に心をケアすることの必要性が以前にも増して叫ばれるようになり、メンタルヘルス対策のエキスパートが求められるようになってきています。

 

メンタル心理ヘルスカウンセラーや、カラーセラピーなどの心理セラピーの専門家を目指す人も増え、資格を取得するための講座も多く開設されるようになっています。認定試験の受験・合格が必要な専門家になるための講座もあり、独学で学ぶよりもスムーズに知識が深められることから評判となっています。

 

心理学の基礎知識からの習得

メンタル心理ヘルスカウンセラーになるためは、専門の講座を受講することで、心理学の基礎知識から学びを深め、さまざまな心理的ストレスが招く症状やその主な要因を探り、回復に導くための治療法を学んでいきます。一通りの講座を受け、心理学の基礎知識を習得、数多くのストレスから起きる症状と、その症状別の治療方法を十分に理解したと認められ、メンタルケアのカウンセラーとして活動するレベルに達したと判断された人が、認定を受けることができます。

 

日本メディカル心理セラピー協会が主催する資格試験は2か月に1回ありますので、資格ランキングなどを参考に確認しておきます。

 

在宅受験によって資格取得へ

日本メディカル心理セラピー協会が行うメンタル心理ヘルスカウンセラーの試験は、在宅受験ということで多忙な人も受けやすくなっています。受験応募もネットから申し込めて、試験日程も年に6回あります。メンタルケアの専門家を目指すのであれば、カラーセラピーなどの資格とともに取得しておきたい資格です。

 

資格ランキングをうまく活用して、学びを深め、人を癒すことができる知識を蓄積していくことが肝心です。カウンセラーやセラピストは人との交流も大切ですので、そういった機会などもランキングサイトで情報を得ておくことが有効となります。

 

まとめ

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格試験に合格することで、心理カウンセラーとしての活動も可能となりますが、カウンセリング以上に、心理状態の改善なども図ることができる各種セラピーの重要性も、さらに高まっています。カラーセラピーやアートセラピーなど、カウンセリングを受けつつ、セラピストとしての癒しも与えられるよう、知識や実績を深めておくと、メンタルヘルス対策の専門家として、さらに貢献できる人材となれます。

 

資格ランキングで自分に合った講座など、学びの機会をスムーズに見つけて受講、資格取得につなげていくことが大事です。

関連ページ

ストレスカウンセラー資格を取るには
ストレスカウンセラー資格は学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。試験は在宅試験の形式が採用されており、受験生は自宅で試験を実施して、解答用紙を日本メディカル心理セラピー協会に郵送するしくみです。
カラーセラピー資格を取るには
カラーセラピーを取得することは心理セラピーやメンタルケアにも役立ちます。選んだ色によって心の状態や癒やし方を分析するからです。
アロマセラピストになるには
アロマセラピストは、アロマオイルの種類やアロマトリートメントといったアロマに関しての一通りの知識を持ち合わせ、それらの応用スキルやメンタルケアを行う知識や技術を持つと認められた人に与えられる資格です。
メンタル心理ミュージックアドバイザーになるには
「メンタル心理ミュージックアドバイザー」という資格をご存知でしょうか。一般的な認知はまだまだかもしれませんが、音楽や心理学関係の方の間では有名です。”音楽資格口コミランキング”では何と第一位に輝きました。