ストレスカウンセラー資格を取るには

ストレスとの付き合い方を学ぶ

ストレスカウンセラー資格は、日本メディカル心理セラピー協会が主催している認定試験です。ストレスと上手に付き合う方法や感情のコントロール方法などを体系的に学ぶことができるため、年々注目度をましており、人気資格ランキングの上位に顔を出すようになりました。特にメンタルケア関連のランキングでは、カラーセラピー認定試験などと並んで、上位にランキングされています。

 

主催団体は、ストレスカウンセラー資格の他に、アロマセラピスト検定やカラーセラピー認定試験などたくさんの認定試験を実施しているメンタルケア業界では有名な団体です。

 

ストレスカウンセラー試験の概要

ストレスカウンセラー資格は学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。試験は在宅試験の形式が採用されており、受験生は自宅で試験を実施して、解答用紙を日本メディカル心理セラピー協会に郵送するしくみです。わざわざ試験会場に足を運ぶ必要がなくなるため、仕事や家事で忙しい人でも気軽に受験できるのが魅力です。

 

試験は偶数月ごとに、年6回実施されています。年に1回しか実施されない試験は、受験しようと思っても既に締切が過ぎてしまっていて、次の受験まで1年近く待たなければならないこともありますが、この試験についてはその心配がありません。

 

受験に必要な費用や申込み方法

ストレスカウンセラー試験は、日本メディカル心理セラピー協会の公式ホームページから受験申込みをすることができます。受験申込みフォームに氏名や住所、電話番号やメールアドレスなどの情報を入力するだけなので簡単です。

 

申込み受付期間は、受験を希望する月の前月末までとなっているので注意が必要です。偶数月の20日から25日までの間に自宅で試験を受けて、その月の月末までに答案を日本メディカル心理セラピー協会に郵送します。なお、消印ではなく月末までに実施に答案が到着している必要がありますので注意しましょう。受験料は消費税込みで10000円となっています。

 

まとめ

この資格を取得するには、主催団体である日本メディカル心理セラピー協会のホームページから申込みを行います。協会から送られてくる試験問題に自宅で解答し、70パーセント以上の正解で合格となります。2月と4月、6月と8月、10月と12月の年6回試験が実施されていて、受験したい月の前月末までに申込みを済ませておく必要があります。

 

受験料さえ支払えば、誰でも何回でも受験することができ、万が一不合格となってしまった場合も2月後に再受験が可能です。受験料は消費税込みで10000円です。ちなみに、カラーセラピー試験も同じ団体が実施しています。

関連ページ

メンタル心理ヘルスカウンセラーになるには
職場や学校などで日々過重なストレスにされされ、それが原因となって自律神経失調症や不眠、うつといった症状に悩まされる人が増えています。適切に心をケアすることの必要性が以前にも増して叫ばれるようになり、メンタルヘルス対策のエキスパートが求められるようになってきています。
カラーセラピー資格を取るには
カラーセラピーを取得することは心理セラピーやメンタルケアにも役立ちます。選んだ色によって心の状態や癒やし方を分析するからです。
アロマセラピストになるには
アロマセラピストは、アロマオイルの種類やアロマトリートメントといったアロマに関しての一通りの知識を持ち合わせ、それらの応用スキルやメンタルケアを行う知識や技術を持つと認められた人に与えられる資格です。
メンタル心理ミュージックアドバイザーになるには
「メンタル心理ミュージックアドバイザー」という資格をご存知でしょうか。一般的な認知はまだまだかもしれませんが、音楽や心理学関係の方の間では有名です。”音楽資格口コミランキング”では何と第一位に輝きました。