ストレスの正体と原因とは

ストレスの正体と原因

日常生活において、私たちは外部からの何らかの刺激を受けます。それが不快であるものが心身に悪い影響を及ぼす可能性があるストレスです。これには個人差があり、物事自体を特定はできません。簡単に言えば「嫌だ」と感じることなので、個人差が出ます。ただ、無意識で感じているものもあるので気をつけなければなりません。

 

無意識で感じやすいものの例として、季節や天気です。季節の変わり目では、その変わり目で体に負担がかかることが刺激となります。また、天気は晴れよりも曇りや雨の方が悪い刺激になる可能性が高いと言います。

 

ストレスランキングの上位

ランキング上位には、親しい人との永遠の別れです。配偶者や家族、友人の死か上位を占めます。死の次は、離婚や自身の怪我などでした。大切な人との別れはとても辛いのは当然ですが、滅多にないことなので耐性もついてないということがランキング上位にあたる原因の一つということが言えます。

 

心理学的な研究では、年齢を重ねた人の方が死別の悲しみは少ないと言う結果も出ています。これは、若い方より死別の経験が積まれているために、耐性がついていると考えられています。収入や借金などの経済面についてはランキングは10位以下、そこからも人間関係からの刺激の方が敏感であることがわかります。

 

様々なメンタルケアの方法

ストレスが蓄積されると、心身ともに様々な症状が現れて日常生活がままならなくなる場合もあります。その心身の症状の正体が心からくるものである場合、早急なケアが必要です。重症になれば、会社や学校に行かずひきこもる、最悪自殺願望が出てくることもあります。

 

比較的早期で、自身でのケアができるのであれば1番ですが、気付かずに重症になりつつある、もしかは重症になった場合には専門家の助けが必要です。心理カウンセラーのカウンセリングや心理セラピー、カラーセラピーなど多角的にケアができるようになっています。

 

まとめ

ストレスに対しては、上手に自分でメンタルケアしていければ1番ですが、心理セラピーやカラーセラピーなどの心理面の専門家のサポートを活用することでも大分症状が改善されます。比較的軽度であれば、心理セラピーやカラーセラピーを活用する事で早期回復も可能です。

 

自分の体調の悪化の正体が何か、それが心理的な刺激からであれば内科や外科では治りません。やはりプロの心理面の専門家の助けが必要です。やはり、日々受ける刺激に対して、自分の耐性を上げるためのスキル向上は当然、蓄積される前の解消法、リラックス方法を見つけておく事が大切です。

関連ページ

メンタルケアに必要な考え方とは
日常生活においては様々なストレス要因があり、出来事や感じ方に個人差はあれどストレスからの刺激を誰もが受けています。
自分の思考とメンタルバランスを知ろう
人の心と体は常に外界から、何らかの刺激を受けながら変化しています。ストレスとは、こういった刺激を受けた際の心や体のことを言いますから、その全てが悪いことだとは言えません。例えば、誰かに褒められて喜んだ場合もストレスを受けたことになるのです。
ストレスに強い心を作るには
高度に発達した情報化社会では人間関係が複雑化し、気が付かない内のストレスが生じている事があります。上手に発散できる人ばかりではなく、溜め込む事で様々な症状を引き起こす事があります。
カラーセラピーでできること
現代社会においては、人間関係が複雑になり、無意識のうちに様々なストレスを受けています。
ヘルスカウンセラーができること
何の前触れもなく、不安感や絶望感を感じる事が多くなり、仕事や日常生活にも影響してくる事があります。頭痛やめまい、動悸といった体調の変化を感じる人もいます。
ミュージックアドバイザーにできること
ミュージックアドバイザーは、メンタル心理ミュージックアドバイザーといい、心理セラピーの一種です。
アロマセラピストにできること
資格ランキングでも高い人気を誇るアロマセラピストは、趣味のアロマ好きの延長として資格講座でさらに知識を深め、認定試験も在宅で受けられることから、仕事と家事に多忙な女性にもチャレンジしやすい資格となっています。
理由のない疲労感に立ち向かう方法
日々の生活の中で、理由のない疲労感に襲われることは、誰もが経験することです。その際、ほとんどの人が、単に体調不良と片付けてしまいがちですが、潜在的な疲れやストレスが溜まっている場合、放っておくとその状態が長期化したり、精神疾患を引き起こすことにありますので注意が必要です。
心のスキマを埋めるのに必要なこと
寂しいという感情が、人を依存症に陥れてしまうことがあります。いわゆる心のスキマを埋めるための代替行為として、ギャンブルや酒、タバコ、過食などに走ってしまう人もいます。
ストレスや鬱の原因を見つけ出す方法
鬱に陥る原因となるストレスには、心理的な要因以外に、身体の歪みなど構造的なものもあるとされ、分類の仕方もそれぞれ違っています。
イライラを落ち着かせるためのコツ
イライラは非常に辛いものです。不安や心配、いら立ち、怒り、悲しみなどのストレスの蓄積が元になっているストレス反応です。
お酒と煙草を使わずに気分転換する方法
お酒や煙草を趣向する人の大半は、気分転換のために嗜んでいます。その証拠に、イライラしたりムシャクシャするといったネガティブな感情に支配されている時ほど、こういった趣向品の量は確実に増えていきます。
心と体のバランスを意識して行動しよう
気持ちは前向きなのに元気になれないとか、逆に元気なのに気持ちがついていかないことは誰にでも経験のあることです。これは、無意識のうちにストレスが溜まってしまい、双方のバランスが崩れてしまっている時に起こりやすい現象です。
運動療法や音楽療法は効果抜群
現代はストレス社会とも言われていますから、職場、家庭、学校など様々な場所でストレスを受けます。
音楽を聞きながらの運動で一気にリフレッシュ
現代社会はストレス社会ですから、上手に日常生活を送っていくためには、自分自身の心理状態を常に把握し、ストレスを発散させる術を知っておかなければなりません
旅行やドライブで一気にストレス解消
ストレスが溜まった感じたら、旅行やドライブに出かけることで、ストレス解消法する人も少なくありません。日常生活から解放されることでリフレッシュすることが目的ですが、実は出かける場所や、出かける際のコーディネートによって、その効果をさらに深めることができるのです。
他人も癒せるメンタルケア資格とは
ストレス過多と言われている昨今、オフィスや学校で強い不安や悩みから、日々ストレスを感じている人が増加しています。
思春期の子どものイライラを抑える方法
思春期とは、第二次性徴が始まる頃から18歳位まで続く心身ともに不安定な時期です。体の急激な変化に心の成長が追いついていないので一見平静に見えても子どもは戸惑っています。
男のイライラを最小限に押さえ込むコツ
付き合い始めの頃は、お互いに相手のことがわからないので、あまりネガティブな感情を見せないものですが、時間が経過するにつれ、わがままになったり、怒り感情が出てくるものです。
気持ちが落ち着かない時にすると良いこと
気持ちが落ち着かない時には、その原因を探ってメンタルケアをしてみルといいです。具体的な方法としては、カラーセラピーなどの心理セラピーだと手軽にできます。
メンタルケアにかかる平均時間
現代はストレス社会です。一昔前は落ち込んでいたら「気合で直せ」と言われて、心の問題に着目されることがありませんでした。しかし現代では心が疲れた時のメンタルケアは欠かせないものとして認識されています
お金をかけずにメンタルケアする方法
気分が落ち込んで何もする気になれない。もしかしたら鬱病になりかけているのかも。そんな時、真面目は人は周囲に知られないように病院に行こうと考えがちです。インターネットの口コミランキングで良い医師に診察してもらうのも一つの方法です。
ストレスが減らない理由と対処法
仕事や家庭、育児に人間関係など生きていると楽しいこともたくさんあるけど、悲しく辛いこともたくさんあります。
短時間でストレスを減らすためのポイント
やる気が出ない、不安で仕方ない、緊張して疲れが取れないなど、私たちは常に様々な心理ストレスと戦っています。短時間で効果的に減らすには、カラーセラピーがおすすめです。