メンタルケアに役立つ資格ランキング

今の時代に必須な精神コントロールスキル

 

現代社会は情報化社会

情報が大量に飛び交う急激な社会環境の変化は、人間の心と体に大きな負担を与えている事があります。

 

深刻な症状へ

深夜までPCやTVを利用したり、不規則な食生活を継続していると、自律神経が乱れていく事もあります。

 

必要なコントロールスキル

達成できる程度の目標にハードルを下げてみる事も必要です。

 

 

現代社会は情報化社会であり、多くの映像や知識がリアルタイムで目や耳から入ってきます。これらの状況はモバイルツールの普及により、更に加速しつつあります。災害時をはじめ、日常生活においても大変便利な環境でもあります。

 

しかしこの様な情報が大量に飛び交う急激な社会環境の変化は、人間の心と体に大きな負担を与えている事があります。深夜までPCやTVを利用したり、不規則な食生活を継続していると、自律神経が乱れていく事もあります。交感神経と副交換神経のバランスが崩れると原因のはっきりしない不定愁訴や睡眠障害を患います。

 

これ等を放置しても自然に改善する事は殆どなく、深刻な症状へと進んでしまう事があります。一度コントロールを失った心を元の状態に戻すのは大変困難です。仕事や日常生活への影響が大きく出てきます。

 

 

仕事で単純なミスをくり返したり、家庭でも夫婦間の問題が度々起こる様になります。日常的にストレスを強く感じる様になったり、人間関係が円滑に進められない等の症状に気が付いている人は早急に何らかの対処をする事が先決です。しかし中には自覚できずに苦しんでいる人も大勢います。

 

その様な場合は周囲の人の積極的な協力が必要なケースもあります。そして実際のコントロールスキルとして重要なのが目標の設定です。
何かを成し遂げようとする場合に何度も高い目標に向かってくり返しチャレンジしますが、結果が出せない状態が続くとやる気が失せていきます。

 

それでもくり返していると、今までクリアできていた事柄まで思う様にできなくなる事があります。これは一時的なうつ状態と言えます。生きていく上で目標や目的を設定する事は不可欠です。

 

しかし高すぎると本来の能力を発揮できなくなる恐れもあるので注意が必要です。
自分がその様な悪循環に陥っていると感じたら、100%ではなく、80%か70%位の力でも達成できる程度の目標にハードルを下げてみる事も必要です。この様な事だけでも精神面への影響はかなり大きいので、必要なコントロールスキルとして覚えておく事が必要です。

 

強いメンタルを維持し続ける方法

メンタル的に弱い

感受性が豊かで人間的な面で魅力的な人達が多いです。

 

常にモチベーションを維持

ムダを省いて関係のない事を受け流す姿勢を持つ事が常にモチベーションを維持していく為には必要です。

 

ストレスの少ない毎日

毎日同じ時間に食事をして起床と就寝時間も一定の時間帯にする事だけでも、生活のリズムが整い、ストレスの少ない毎日を過ごす事ができます。

 

心の状態を常に安定させるのは簡単な事ではないです。そして長期間その状態をキープするのはもっと大変な事です。

 

メンタル的に弱いとされる人の殆どが感受性が豊かで人間的な面で魅力的な人達が多いです。

 

強靭な精神力を維持し続け、躊躇する事なく結果について貪欲さを発揮できる人の多くは心のアンテナが少ないか、物事に対して一方通行的な捉え方をする人が少なくないです。しかも日頃から結果や数字に結び付かない事に対して関心や興味を抱かず、ストレスを受ける様な状態を避けながら生活するのが上手です。

 

ムダを省いて関係のない事を受け流す姿勢を持つ事が常にモチベーションを維持していく為には必要です。できるだけ受け流しながら生きていく為には具体的にどの様にする事が必要なのかを十分に検討していく事が必要です。

 

まず職場等でミスをした場合を考えます。重大なミスを除き、誰にでもある単純なミスをしてしまった場合にあれこれ原因を考える人は精神的な負担が大きくなっていく場合があります。

 

周囲の人間に迷惑がかからない程度で適当に考えるのも良い方法です。この様な適当さといい加減さを持つ事で、小さなストレスを溜め込んでいく事を予防する事ができます。更に人間関係だけでなく、物事についてプラスの面を中心に見ていく事も必要です。

 

起きてしまった出来事によって生じた影響の中からプラスに転じた事を見つけ出していきます。例え残念な結果になってしまったとしても、次回への教訓になったと考えれば、ストレスにならずに済みます。

 

そして食生活について考えてみる事も必要です。溜まったストレスを食べる事で解消しようとすると過食症や拒食症といった摂食障害になる人もいます。リバウンドを何度もくり返す事で体型に変化が見られる様になると、見た目へのコンプレックスが生じてきます。人目が気になる事で更にストレスが増大してきます。

 

毎日同じ時間に食事をして起床と就寝時間も一定の時間帯にする事だけでも、生活のリズムが整い、ストレスの少ない毎日を過ごす事ができます。

 

この様な事を心がけていれば、強いメンタルを長い間保つ事ができる上に体も健康になっていく事が期待できます。

 

心を強くするための考え方

 

ストレスを解消する為には休日を利用して趣味等に費やす時間を増やして楽しみます。

 

カラオケで大きな声をお腹から発すれば、100m走をしたのと同じ位の運動量に値します。有酸素運動をすれば、脂肪が燃焼してダイエット効果を期待する事もできます。声を出して自己表現をする行為は緊張とリラックスをくり返して自律神経の安定にも繋がります。

 

更に歌詞を読み上げる行為は心の浄化作用もあります。時間もかからず、費用もそれ程かからないので、気軽に始められる趣味の1つです。そして経験や体験を生かす様に心がける事も必要です。

 

メンタル面の強さを持つ人の多くは過去を引きずらない考え方をしています。失敗したという事実が逆に生かされ、次は失敗しないという決意と行動に向かう事が大切です。何度も同じ失敗をくり返してしまい、長期間次に進めなくなる様な状況を避ける事が必要です。

 

そして何事も他人のせいにしない様にします。失敗や挫折、運の悪さを全て他人のせいにする人がいます。原因を知る事と人のせいにする事は別の問題です。

 

そして頭の中で考えている事と現実を切り離して考える事も必要です。思考の中での事はあくまで想像でしかなく、現実に起こるとは限らないと考えた方がストレスが軽くなります。そして時にはマイペースを崩さない事も必要です。

 

上手くいかない時に限って他人の事が気になる場合があります。比較する事で原因を探りたくなる気持ちも理解できますが、人生は長い道のりを行くマラソンです。時間が経てば、状況が大きく変わってくる事もあります。

 

安易に他人の真似をしたり、今までの方法を中断する事は得策とは言えない場合が多いです。そして一方では他人とのコミュ二ケーショーンを円滑にして孤独にならない様にする事も必要です。自分の考え方や行動について客観的な視点から意見を受ける程度の関係は作っておきます。

 

問題を一人で抱え込んでしまう人はストレスを溜め易い人も多いので、注意が必要です。責任感が強いのは長所なのですが、前に進めなくなってしまう状況は解消する事が必要です。時には人に頼っても良いという選択肢を1つ残しておく事でストレスを避ける事ができる様になります。

 

この様な事に配慮しながら生活する事で何事にも影響され難い強い心を維持し続ける事が期待できます。いずれにしても心の成長を促す様な考え方をする事が必要です。

 

ストレスマネジメントに最適な資格の選び方

 

生活する上でストレスを感じるのは当然の事ですが、それらに上手に付き合えるかどうかで、その後の状況が大きく違ってきます。

 

小さなストレスに対してストレスマネジメントができない人はストレスを溜め込んで状況が悪化してきます。

 

その人なりの対処法を増やしていく事が必要になってきます。できるだけ多くの対処法を持っている事で様々なタイプのストレスにも柔軟に対応できる様になります。

 

幅広く対処法を増やしていくには自分の個性や性格的な特徴等を自覚している事が必要です。心地よいと感じる空間や人間関係を作っていく中で、次第に心の成長が伴ってきます。そしてストレスマネジメントに最適な資格を取得する為の学びが役に立つ事もあります。

 

心理セラピーは癒しをメインに心のコントロールの仕方を導いていきます。潜在意識の深い所まで探っていくので、心理療法についての広い知識が必要とされます。心理セラピーの資格を取得するには仕事に対する情熱と目的意識が必要です。

 

その他にもカラーセラピーという資格があります。カラーセラピーは色の持つ力を利用した心理療法の一つとして知られています。身の回りの色に配慮する事で様々なタイプのストレスを軽減し、快適な生活空間となる様アドバイスしていきます。

 

その人に合った色彩のインテリアをにする事で行動や感情までもが変化してくる事があります。特に寝室やリビング、ダイニングには最適な色を反映させる事で家族にも良い影響を与えていきます。カラーセラピーは色の影響がどの様なものかを知る事からはじめます。

 

カラーセラピーの知識を学んでいく上で自分の心の状態を知るきっかけにもなります。カラーセラピーとしての知識を獲得した事でコミュ二ケーション力が高まり、人間関係が円滑になる人もいます。心理セラピストやカラーセラピストとして仕事ができる場はそれ程多くはありませんが、今後は需要の高まりと共に活躍の場が広がりつつあります。

 

心理セラピストやカラーセラピストはメンタルケアをする上では欠かせない資格の1つとして注目される事が予想されます。

 

生活する上でストレスを感じるのは当然の事ですが、それらに上手に付き合えるかどうかで、その後の状況が大きく違ってきます。

要点を紹介するキャラクター

 

メンタルケアに役立つ資格ランキング

画像名を入力

ストレスカウンセラー資格の特徴

ストレスカウンセラー資格は、日本メディカル心理セラピー協会が主催している認定試験です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
ストレスカウンセラー資格の総評
  • ストレスと上手に付き合う方法
  • 感情のコントロール方法
  • 試験は在宅試験の形式が採用
公式サイトへ

 

画像名を入力

メンタル心理ヘルスカウンセラーの特徴

日本メディカル心理セラピー協会が行うメンタル心理ヘルスカウンセラーの試験は、在宅受験ということで多忙な人も受けやすくなっています。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
メンタル心理ヘルスカウンセラーの総評
  • 心理学の基礎知識を習得
  • 回復に導くための治療法
  • 試験は在宅受験
公式サイトへ

 

画像名を入力

カラーセラピーの特徴

取得するには日本メディカル心理セラピー協会が行っている、カラーセラピー認定試験に合格する必要があります。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
カラーセラピーの総評
  • 色についての専門的な知識や技術を身につける
  • 選んだ色によって心の状態や癒やし方を分析
  • メンタルケアとしても役立てる
公式サイトへ

 

画像名を入力

アロマセラピストの特徴

アロマセラピストは、アロマオイルの種類やアロマトリートメントといったアロマに関しての一通りの知識を持ち合わせ、それらの応用スキルやメンタルケアを行う知識や技術を持つと認められた人に与えられる資格です。

総合評価 評価3.5
使いやすさ 評価3.5
掲載情報量 評価3.5
アロマセラピストの総評
  • アロマに関しての一通りの知識
  • メンタルケアを行う知識や技術
  • 認定試験は在宅受験が可能
公式サイトへ

 

画像名を入力

メンタル心理ミュージックアドバイザーの特徴

この資格は「日本メディカル心理セラピー協会」から発行されています。有名な「カラーセラピー」も、同じ協会のものです。

総合評価 評価3
使いやすさ 評価3
掲載情報量 評価3
メンタル心理ミュージックアドバイザーの総評
  • 心理セラピーに音楽を取り入れる
  • ストレス発散や精神の安定につなげるメンタルケア
  • 通信講座などの利用をお勧め
公式サイトへ

メンタルケアに役立つ資格は心理セラピーやカラーセラピー以外にも数多くあります。心理セラピーやカラーセラピーは比較的取得し易い部類に入り、人気ランキングサイト等で頻繁に見かける資格です。

 

難易度が高いからといってどんな症状にも対応できるというわけでもないので、興味のある資格や自分に必要とする資格から学んでいくのが最適な方法です。

 

心理セラピーと似たようなポジションに位置しているのが心理カウンセラーです。心理セラピーとは違い、心理カウンセラーは相手の話に耳を傾ける事が中心です。相手とコミュ二ケーションを取りながら、適切なアドバイスをしていきます。

 

心理カウンセラーの中で最も認知度が高く、心理専門職の証となる資格が臨床心理士です。4年制大学を卒業している事と指定大学院を修了している事が条件になります。

 

そして通信教育で簡単に取得できるのが メンタル心理カウンセラーです。レポートの提出と修了認定テストに合格すれば取得可能です。学習期間は約2ヶ月位なので、取得のし易さで人気を集めています。

 

そして音楽療法士という資格があります。心理カウンセラーの専門分野の中の1つとして位置づけられています。まず資格審査のための筆記試験を受ける前に認定校で体系的な知識を得る事が必要です。

 

他にも様々なルートがありますが、自分でも演奏できる様になる事が必要です。そして短期間で取得できる資格として人気があるのがメンタルアロマセラピーです。精油の持つ香りの力で気を高め、メンタルケアをしていきます。楽しみながら学んでいけるのが魅力的です。

 

そして変わった所では足の裏の特定部位を押す事で疲労回復を促すリフレクソロジーや骨格矯正をする事で自然治癒力を高める整体があります。

 

特に整体は施術によるメンタルケアを得意とする整体師も存在します。その様な整体師を探す事が必要です。定期的に通う事でストレスを溜め難い体質に改善する事が期待できます。民間資格ですが、技術を習得して資格を取得するには1年位の期間が必要です。

 

これ等の資格をいくつか持っている人もいるので、様々な面からメンタルケアが可能なケースもあります。

 

一番おすすめなのは「メンタル心理ミュージックアドバイザー資格」

メンタル系の資格として人気
音楽を利用したメンタルケア
個々に応じた最適な音楽を提供

メンタル系の資格として人気を集めはじめているのがメンタル心理ミュージックアドバイザーという資格です。短期間で人気ランキングサイトでランキング入りしてきた人気の資格です。

 

音楽療法士と似た様な役割を持つこの資格は難易度が低いので、心理セラピーやカラーセラピー等と同様に比較的簡単に取得する事が期待できます。

 

音楽による影響は生理的効果や心理的効果を期待できる事からメンタルケアをする上では欠かせない分野です。誰もが好きな音楽を聴いている時や街中で気になるメロディを耳にした時は落ち着いた気分になったり、高揚した気分になります。

 

その様な音楽の効果を更に分析して体系付ける事で個々に応じた最適な音楽を提供できる様になります。現代社会は音に溢れています。何処へ行っても耳に入り込んできます。

 

音を音で消している様な作業さえしている事もあります。不快とも言える音は人の心に悪い影響を与えてしまう事もあります。音楽を選ぶ時は言葉を選ぶ時と同じ様に慎重になる事が必要な時代になっています。

 

メンタル心理ミュージックアドバイザーの資格は心理セラピーやカラーセラピーの資格と一緒に取得しておけば、メンタルケアについてより幅広く対応する事が期待できます。この資格は協会が主催するもので、通信講座を受講する事で最短2ヶ月位の期間で取得する事ができます。実際にどんな音楽がどの様に効果があるのかを体験しながら学んでいく事ができます。

 

音楽療法についての歴史や音楽療法とQOLについての詳細も学習できます。学習カリキュラムは自分のペースで進められるので、学習の理解度に合わせてゆっくり進めていく事もできます。特に音楽について専門的な教育を受けていない人でも無理なく学習を進めていく事もできるので安心です。

 

資格取得後は自宅での開業やカルチャーセンターの講師も夢ではありませんが、自分自身のメンタルケアの方法として生かす事もできます。
音楽を利用したメンタルケアは日常生活にすぐ取り入れる事ができる方法として次第に広まりつつあります。

 

通信講座利用して資格取得を目指す事に疑問や不安に感じる人もいますが、その様な人は無料の資料を請求してみる事が必要です。

 

メンタル心理はこちら

 

まとめ

社会が複雑になってくると心を病んでしまう人が大勢出てきます。その多くの原因が過剰なストレスです。
過剰なストレスは必要に応じてメンタルケアをする事で解消しておく事が必要です。

 

メンタルケアは本人が気が付かない内に自然となされている場合があります。なされていると思い込んでいるだけで体調不良を感じてからストレスが溜まっている事に気が付く場合もあります。ストレス社会で生きている以上は日頃からメンタルケアを積極的にしておいた方が無難です。

 

人気ランキングサイトの上位に名を連ねる資格はどれもストレスコントロールの手助けになる資格ばかりです。

 

上位ランキングの中でも心理セラピストやカラーセラピー、メンタル心理ミュージックアドバイザー等の様な取得し易いものから学び始めていく事で自分自身のケアにも役立てていく事が期待できます。人気ランキングサイトにランクインされている資格の多くは通信講座で学べる資格が多いです。

 

複数のスクールが選べる場合は口コミサイトを利用して評判等をチェクしておく事も必要です。メンタルケアのポイントはストレスを溜め込みやすい性格や考え方等を意識的に避け、前向きな姿勢を維持継続できる様にする事です。

 

その為には常に客観的なものの見方ができる様に心がけ、マイナス思考の悪循環とならない様にする事が必要です。一度マイナス思考が増加して循環し始めると、停滞して先へ進めなくなる事もあります。

 

一定のモチベーションを長期間維持するのは容易ではありませんが、メンタルケアについて学び、努力すれば、時間はかかっても殆どの人は強いメンタルを長期間維持できる様になります。しかしストレスとの付き合い方が上手くできないと感じた人はできるだけ早く対策を講じる事が必要です。

 

不眠症や自律神経失調症、不定愁訴等の体調不良を放置すれば、うつ病等の精神疾患となる可能性がないわけではないです。

 

その様な深刻な症状となる前に精神科や心療内科等の専門医へ相談して適切な治療してもらう事が必要です。薬物療法や各種心理療法による適切な治療が受けられます。

更新履歴